フィットネス&ボディメイク トレーニング情報 フィジーク・オンラインとは?
ログイン
カゴを見る
フィジーク・オンライン

基礎代謝を知り、賢くカロリーコントロール!



ダイエットを行っている人の多くは、自分が一日にどのくらいのカロリーが必要なのか、まったく分かっていません。

多くの人は、年齢や性別で摂取カロリーが決まってくると思っているようですが、実際はその人の筋肉の量(除脂肪体重)とライフスタイルの2点でほぼ決まってくると言えます。

こちらの記事で述べたように、体はただその内臓と筋肉を維持するだけでもカロリーを必要とします。

内臓も筋肉も、休息してる時(あなたがまったく何もしていない時)ですら、カロリーを必要としていますので、除脂肪体重が60kgの女性と除脂肪体重が50kgの男性では、女性の方が何もしていない時に必要なカロリーは高くなります。たとえ、実際の体重が(脂肪を含んだ体重)が男性の方が重くてもです。

なぜなら、体脂肪はカロリーを必要としないからです。個人が一日にどのくらいのカロリーを必要としているかを知る方法はたくさんあります。中には複雑なものもありますが、私は簡単なものを使っています。

それは、以下の通りです。

 

休息時に必要なカロリー量

 
‖僚鼎鬚呂る
体脂肪率をはかる(キャリパー[体脂肪の計測器]が正確)
除脂肪体重をはかる(体重−脂肪の重さ/いずれもキログラムで)
そ指肪体重を2倍して、ゼロを加える

《 例 》
〇笋梁僚鼎100 kg
∋笋竜抻號知┐10%
ということは、私の除脂肪体重は90 kg(100−10)
90×2+0=1800
このように、私は一日に最低で約1800カロリー必要だと見積もることができます。

私の内臓と筋肉が、毎日1800カロリーを、ただ正常で健康な体を保つためだけに必要としているのです。

この一日に最低限必要なカロリーを基礎代謝量(率)と言います。私が何かすれば、たとえば仕事にいったり、友達を訪ねたり、デパートで買い物をしたり、運動したりすれば、そういった活動を行うために、もっとカロリーが必要となるのです。

ですから、一日1800カロリーというのは、私が下げることのできる最も低い値だということになります。1800カロリー以下に落とすことは、不健康であり、危険です。

さらに言えば、それ以下のカロリーでは、必要な微量栄養素(ビタミンやミネラル)をすべて取ることは不可能となります。

あなたもお分かりのように、筋肉が多ければ、それだけ休息時に多くのカロリーが必要となります。800カロリーのダイエット、たとえ1200カロリーのダイエットでも少なすぎます。

小柄な人でも、40kg以上の筋肉はあるでしょうから、一日に800カロリーは必要ということです(40×2+0=800)。

 

カロリーのタイプ


カロリーは食物から得られ、それには3つのタイプまたはグループがあります。炭水化物、タンパク質、脂肪です。

炭水化物は動物性でない食物から得られます。たとえば、米、パスタ、マメ、パン、ジャガイモ、さつまいも、果物など、糖を含むものすべてです。

すべての炭水化物食品は、最終的には分解され、糖として吸収されます。たてまえとしては、米を食べても、ジャガイモを食べても、キャンディーを食べても、結果には何の違いもないということになります。

それらは皆、糖として血液中に入るのです。体は、血液中の糖の量を常にチェックしています。体が正常に機能するためには、糖の値は、70mg/100ml 〜 110mg/100mlの間で安定していなければなりません。

人が食べた炭水化物は、糖として血液中に入り、血液中の糖の値に影響を与えることになります。

私は、何の活動も行わないで、ただ休息していても、一日に1800カロリー必要なことが分かっています。一日に1800カロリー食べていれば、私の体は正常な血糖値(70〜110)を保つことができます。体がそのカロリーを、内臓や筋肉を維持するのに使うことでしょう。

私が必要としている以上に多くのカロリーが摂取されれば(この場合は炭水化物のカロリー)、血液中の糖の値は上がります。血糖値が上がれば、体はいくらかの炭水化物を後に使うために(カロリーが不足した場合に備えて)蓄えます。

必要なカロリー以上を食べた、または過剰に炭水化物を食べた結果として血糖値が上がった場合、その余分は、肝臓か筋肉にグリコーゲンとして蓄えられます。

しかし、肝臓や筋肉が蓄えられる炭水化物の量には限界があります。血糖値が上がり、110に近づいたり、カロリー摂取が一日の必要量を越えると、余分な炭水化物はすべて脂肪として蓄えられます。

糖は、脳の主なカロリー源です。カロリーが(特に炭水化物)少ない場合、血液中の糖の値は下がります。

そうなると、体は肝臓か筋肉(炭水化物の貯蔵庫)の蓄えを分解し、炭水化物を血液中に送り込むよう要求し、血糖値を70〜110の正常値に保ちます。

血糖値が低いまま70に近づいた場合、また、摂取されるカロリーが極端に低い場合は、体は体脂肪をより多くエネルギーとして使い始めます。
ポイン卜
1.自分の基礎代謝量を計算する
2.基礎代謝量は、除脂肪体重+0×2の計算式で算出する(例:除脂肪体重50kgの人は、500×2=1000カ口リーとなる)。
 
  • 理論と実践で100%成功するダイエット ダイエットは科学だ!
    2008年10月10日第2刷発行
    著者:クリス・アセー卜
    発行者:橋本雄一
    発行所:(株)体育とスポーツ出版社


[ 理論と実践で100%成功するダイエット ダイエットは科学だ! ]

関連記事

学ぶ / Knowledge

インスリンをコントロールして、ダイエットに繋げよう!

インスリンをコントロールして、ダイエットに繋げよう!

0 円(税込0 円)

脂肪について知ろう!中性脂肪と脂肪酸の性質と働き

脂肪について知ろう!中性脂肪と脂肪酸の性質と働き

0 円(税込0 円)

炭水化物の必要な量を把握できていますか?

炭水化物の必要な量を把握できていますか?

0 円(税込0 円)

乳酸は疲労物質ではない?「筋肉の生理学」と「4つのエネルギーシステム」

乳酸は疲労物質ではない?「筋肉の生理学」と「4つのエネルギーシステム」

0 円(税込0 円)

怪我防止だけではない!ストレッチで得られる3つの効果とは?

怪我防止だけではない!ストレッチで得られる3つの効果とは?

0 円(税込0 円)

脂肪は体脂肪になりやすい?脂肪の蓄積を抑える方法とは?

脂肪は体脂肪になりやすい?脂肪の蓄積を抑える方法とは?

0 円(税込0 円)

ダイエットを成功させるために知っておかなくてはならない基礎栄養学

ダイエットを成功させるために知っておかなくてはならない基礎栄養学

0 円(税込0 円)

ニ種類の不飽和脂肪酸と脂肪の吸収・消化の仕組み

ニ種類の不飽和脂肪酸と脂肪の吸収・消化の仕組み

0 円(税込0 円)

本当に必要な量を摂っていますか?従来の栄養学と分子栄養学の違いとは?

本当に必要な量を摂っていますか?従来の栄養学と分子栄養学の違いとは?

0 円(税込0 円)

トレーニー必読!バルクアップを望むなら「たんぱく質」の性質を知ろう!

トレーニー必読!バルクアップを望むなら「たんぱく質」の性質を知ろう!

0 円(税込0 円)

血液検査の必要性とは?血液検査の結果から分かる栄養状態

血液検査の必要性とは?血液検査の結果から分かる栄養状態

0 円(税込0 円)

脂質の主な種類とその働きは6つに分類される!

脂質の主な種類とその働きは6つに分類される!

0 円(税込0 円)

エネルギー代謝に役立つ栄養<ビタミンB群>

エネルギー代謝に役立つ栄養<ビタミンB群>

0 円(税込0 円)

食事の摂り方で体脂肪を燃焼させる<食事の回数を増やす&夜食に炭水化物を摂るべき?>

食事の摂り方で体脂肪を燃焼させる<食事の回数を増やす&夜食に炭水化物を摂るべき?>

0 円(税込0 円)

必要な摂取カロリーを計算しよう!基礎代謝以下に摂取カロリーを落とすな!

必要な摂取カロリーを計算しよう!基礎代謝以下に摂取カロリーを落とすな!

0 円(税込0 円)

正しく食品の選択ができていますか?インスリンの良い面と悪い面

正しく食品の選択ができていますか?インスリンの良い面と悪い面

0 円(税込0 円)

脂肪とタンパク質の必要な量を把握できていますか?

脂肪とタンパク質の必要な量を把握できていますか?

0 円(税込0 円)

糖を摂りすぎたら脂肪になる?脂肪と糖質の関係性とは?

糖を摂りすぎたら脂肪になる?脂肪と糖質の関係性とは?

0 円(税込0 円)

食事の摂り方で体脂肪を燃焼させる<脂肪の蓄積を防止するには?>

食事の摂り方で体脂肪を燃焼させる<脂肪の蓄積を防止するには?>

0 円(税込0 円)

エネルギー代謝に役立つ栄養<核酸とヘム鉄>

エネルギー代謝に役立つ栄養<核酸とヘム鉄>

0 円(税込0 円)

エネルギー代謝に役立つ栄養<コエンザイムQ10とガルシニア・カンボジア>

エネルギー代謝に役立つ栄養<コエンザイムQ10とガルシニア・カンボジア>

0 円(税込0 円)

モテる男は香りで差がつく!知っておきたいニオイ改善方法/益子 克彦

モテる男は香りで差がつく!知っておきたいニオイ改善方法/益子 克彦

0 円(税込0 円)

筋肉への栄養補給には、赤身の肉。髪への栄養補給には、牡蠣!?/益子 克彦

筋肉への栄養補給には、赤身の肉。髪への栄養補給には、牡蠣!?/益子 克彦

0 円(税込0 円)

間違いだらけのプロテイン選び/サイモン・デュー

間違いだらけのプロテイン選び/サイモン・デュー

0 円(税込0 円)

トレーニングに影響する日頃の癖(4)<腹横筋の筋収縮反応>/三橋 忠

トレーニングに影響する日頃の癖(4)<腹横筋の筋収縮反応>/三橋 忠

0 円(税込0 円)

トレーニングに影響する日頃の癖(2)<頸椎の回旋>/三橋 忠

トレーニングに影響する日頃の癖(2)<頸椎の回旋>/三橋 忠

0 円(税込0 円)

サプリメント研究の世界的権威を持つ Dr.マウロ博士とは?/サイモン・デュー

サプリメント研究の世界的権威を持つ Dr.マウロ博士とは?/サイモン・デュー

0 円(税込0 円)

トレーニングに影響する日頃の癖(3)/三橋 忠

トレーニングに影響する日頃の癖(3)/三橋 忠

0 円(税込0 円)

大切なのは日々の手入れ/益子 克彦

大切なのは日々の手入れ/益子 克彦

0 円(税込0 円)

ホエイプロテインって一体なに?/サイモン・デュー

ホエイプロテインって一体なに?/サイモン・デュー

0 円(税込0 円)

偏った食生活による髪への影響とは?/益子 克彦

偏った食生活による髪への影響とは?/益子 克彦

0 円(税込0 円)

コンペティター必見!綺麗に日焼けをする方法と日焼け後のスキンケア!/益子 克彦

コンペティター必見!綺麗に日焼けをする方法と日焼け後のスキンケア!/益子 克彦

0 円(税込0 円)

必見ヘアケア術!髪質が変わると毎日が変わる!/益子 克彦

必見ヘアケア術!髪質が変わると毎日が変わる!/益子 克彦

0 円(税込0 円)

トレーニングに影響する日頃の癖(1)/三橋 忠

トレーニングに影響する日頃の癖(1)/三橋 忠

0 円(税込0 円)

有酸素運動でケアするべき筋肉/三橋 忠

有酸素運動でケアするべき筋肉/三橋 忠

0 円(税込0 円)

骨盤と筋肉の関係とは!? / ボディメイクにつなげる人体解剖学入門

骨盤と筋肉の関係とは!? / ボディメイクにつなげる人体解剖学入門

0 円(税込0 円)

食事回数+タイミング / ダイエットコーチに学ぶスポーツ栄養学

食事回数+タイミング / ダイエットコーチに学ぶスポーツ栄養学

0 円(税込0 円)

三大栄養素だけでなく、微量栄養素が重要な理由 / ダイエットコーチに学ぶスポーツ栄養学

三大栄養素だけでなく、微量栄養素が重要な理由 / ダイエットコーチに学ぶスポーツ栄養学

0 円(税込0 円)

大会前の減量期間に有効活用!ミネラルウォーターの違いを知り、賢く選択しよう!

大会前の減量期間に有効活用!ミネラルウォーターの違いを知り、賢く選択しよう!

0 円(税込0 円)

サプリメントブランド「MPN」の商品開発者に、プロテインについてよくある噂や疑問を聞いてみた!

サプリメントブランド「MPN」の商品開発者に、プロテインについてよくある噂や疑問を聞いてみた!

0 円(税込0 円)

意外と知らない!皮膚の構造と働き / ボディメイクにつなげる人体解剖学入門

意外と知らない!皮膚の構造と働き / ボディメイクにつなげる人体解剖学入門

0 円(税込0 円)

肩こりの原因と予防策 / 部位別コンディショニング&ケア

肩こりの原因と予防策 / 部位別コンディショニング&ケア

0 円(税込0 円)

貼るだけでパフォーマンスアップをサポートする、SUWのコブラクションテープ!

貼るだけでパフォーマンスアップをサポートする、SUWのコブラクションテープ!

0 円(税込0 円)

筋トレ効果を高めるセルフケア/The Grid グリッドフォームローラー

筋トレ効果を高めるセルフケア/The Grid グリッドフォームローラー

0 円(税込0 円)

筋肉の深部にアプローチする「 スポーツアロマ 」とは?

筋肉の深部にアプローチする「 スポーツアロマ 」とは?

0 円(税込0 円)

アレルギーを吹き飛ばせ! / 分子栄養医学管理士の星真理さんに学ぶカラダ作りの栄養学

アレルギーを吹き飛ばせ! / 分子栄養医学管理士の星真理さんに学ぶカラダ作りの栄養学

0 円(税込0 円)

睡眠不足はトレーニング効果を半減させる!? / 分子栄養医学管理士の星真理さんに学ぶカラダ作りの栄養学

睡眠不足はトレーニング効果を半減させる!? / 分子栄養医学管理士の星真理さんに学ぶカラダ作りの栄養学

0 円(税込0 円)

ダイエットにも、筋力強化にも使える!最強万能サプリ「MRP」とは何だ!?

ダイエットにも、筋力強化にも使える!最強万能サプリ「MRP」とは何だ!?

0 円(税込0 円)

関節と筋肉の機能を考慮したウォーミングアップ  (2/3)

関節と筋肉の機能を考慮したウォーミングアップ (2/3)

0 円(税込0 円)

関節と筋肉の機能を考慮したウォーミングアップ (1/3)

関節と筋肉の機能を考慮したウォーミングアップ (1/3)

0 円(税込0 円)