フィットネス&ボディメイク トレーニング情報 フィジーク・オンラインとは?
ログイン
カゴを見る
フィジーク・オンライン

  • 第24回 東京オープンボディビル選手権<70kg級>
    2016年5月3日(火)東京都の北とぴあにて開催された『第24回 東京オープンボディビル選手権大会』の模様をご紹介します。

    コンテスト > JBBF

    2016.06.07
  • ウエイトトレーニングとスポーツパフォーマンス向上の関係性
    スポーツ選手がウエイトトレーニングを行う目的は、.好檗璽弔離僖侫ーマンス向上と⊇害の予防の2つに集約することができます。

    トレーニング

    2016.06.07
  • BLAZE OPEN<Men's Physique -170cm級>
    2016年5月23日(日)四谷区民ホールで開催された『BLAZE OPEN』の模様をご紹介します。

    ボディギャラリー

    2016.06.06
  • ベストボディ・ジャパン2016さいたま大会<フレッシャーズクラス>
    2016年5月7日(土)所沢市民文化センターで行われた『ベストボディ・ジャパン2016さいたま大会』の模様をご紹介します。

    ボディギャラリー

    2016.06.03
  • 食事の摂り方で体脂肪を燃焼させる<食事の回数&夜食に炭水化物を摂るべき?>
    食事の回数をより多く、1800カロリーを5回か6回に分けた方が、脂肪として蓄えられる確率は少なくなります。脂肪が減っていなくても、5〜6 回の食事計画や低糖ダイエット、適度なカロリー摂取を続けているなら、脂肪の蓄積防止が起こります。

    食・健康 > 栄養学

    2016.06.03
  • 第24回 東京オープンボディビル選手権<65kg級>
    2016年5月3日(火)東京都の北とぴあにて開催された『第24回 東京オープンボディビル選手権大会』の模様をご紹介します。

    ボディギャラリー

    2016.06.02
  • 食事の摂り方で体脂肪を燃焼させる<脂肪の蓄積を防止するには?>
    ロリーの必要量、タンパク質の必要量、炭水化物の必要量、そして脂肪の必要量(低脂肪ダイエットに自然に含まれている)が分かれば、食事に関するゴールは、食事にできるだけ変化をつけ、エネルギーを失うことなく脂肪の減少を最大限にすることです。

    食・健康 > 栄養学

    2016.06.01
  • 第24回 東京オープンボディビル選手権<60kg級>
    2016年5月3日(火)東京都の北とぴあにて開催された『第24回 東京オープンボディビル選手権大会』の模様をご紹介します。

    ボディギャラリー

    2016.05.31
  • アメリカNPCコンテストへ参戦!NPCJニューヨークツアー直前インタビュー!
    2016年6月4日アメリカ・ニュージャージー州ティーネックにあるマリオットホテルで開催される『BEV FRANCIS ATLANTIC STATES CHAMPIONSHIPS 2016』。

    コンテスト > NPCJ

    2016.05.30
  • 筋トレ初心者向け!BIG3の基本的なトレーニング方法<デッドリフト編>
    私たちの分野では、人間の体を動かす最も基本となる、立ち上がる(スクワット)、「押す」、または支える(ベンチプレス)、「引く」、または、「つかまる」(デッドリフトorリフトアップ)を三大筋群(それぞれ脚部/胸部/背部)の運動、または種目を3大種目といい、トレーニングの基本として必ず実施するようにしています。

    トレーニング

    2016.05.26
  • 筋量を増すためのトレーニング!ワークアウトスケジュールの組み立て方
    筋肉は休んでいる時に発達する、というのは科学に基づく事実です。トレーニングのセットが多すぎたり、トレーニングの頻度が高すぎたりする場合、カラダの回復メカにズムが狂い、筋発達が止まってしまいます。

    トレーニング

    2016.05.25
  • 東京オープンボディビル選手権 大会リポート Vol.3
    2016年5月3日(火)北とぴあで開催された『第24回 東京オープンボディビル選手権大会』。今回は決勝審査と表彰式にの模様をご紹介します!<

    コンテスト > JBBF

    2016.05.24
  • NPCJ BLAZE OPEN 大会結果
    2016年5月23日(日)四谷区民ホールで、一般社団法人NPCJの開幕戦となるBLAZE OPENが開催された。今年から新たに「メンズフィットネスモデル」、「メンズアスリート+40歳」、「メンズフィジーク+50歳」という3つのカテゴリを加え、装い新たに迎えた今大会。

    コンテスト > NPCJ

    2016.05.23